MacにParallels Desktopを使ってWindows OSをインストールする

Pocket
LINEで送る




 

仮想化ソフトとは?

OS X上に仮想のPCを構築し、Windowsなどの別のOSを利用できるようにするソフトのこと。

Parallels Desktopは、Macの世界に仮想化ソフトを広めたパイオニア的存在。

Parallels Desktopの特徴

Windowsのデスクトップを消してWindowsソフトだけを表示するコヒーレンスモード。

Mac側とWindows側のユーザーフォルダの統合。

など、仮想マシン側のソフトやファイルを、あたかもMac側のソフトやファイルとして使えるよう工夫されている。

Mac側のファイルをWindowsで開くことも可能。

また、動作が軽快な製品でもあることも大きな特徴である。

Windows OSの購入

かつてのMicrosoftの製品から考えられないくらい、現在のOSは、安くなっています。

購入されるのなら、よりハイスペックに動作する64bit版をお勧めします。

余談ですが、Microsoftのサポートと電話で盛り上がった際、教えて貰ったのですが、同じ7なら7でも、64bitと32bitでは、そもそも設計思想がまるで違い、全く別のソフトとして捉えた方が良いそうです。

使い方には、土台であるOSなので、違いはありません。

Parallels Desktopのインストール

アクティベーション・キーの入力

Parallels Desktop for Mac:アクティベーションの入力

Parallels Desktopの登録

Parallelsに登録したことがある場合、空欄にメールアドレス、パスワードを入力し、ログイン。

登録したことがない場合、下の[新規アカウントの作成]から、アカウント作成。

名前、住所などの確認、初めて登録した場合、おそらくそれらの入力が続く。

住所の確認画面で、プライマリで使用する方法が選択肢に現れるが、特に特別の理由がなければ、【CAD/仮想化】で問題ないと思います。

スクリーンショット 2014-10-04 20.45.01

と、昨年、購入したばかりなのに、こんなお知らせが(汗)

現在のMac OSのバージョンは、このYosemite (10.10)ではないのですが、少しサクッと検索したところ、10月16日に詳しいことがわかるようですが、このOS X Yosemite(10.10)が旧製品のMac PCにもバージョンアップが来るのか、新製品のみに対応するのか不明ですが、もし、この僕のMacのPCにもバージョンアップが来れば、目も当てられない:;

単体も高価だったのに、バージョンアップ版が5000円幾らって、払えません。

AppleのYosemite/新端末発表イベントは10月16日──re/code報道 – ITmedia ニュース.

Apple – OS X Yosemite – 概要.

 Windowsのインストール

KB Parallels: Parallels Desktop を使用して Mac に Windows をインストールするには.

KB Parallels: Parallels Desktop 8 for Mac を使用する前に.

いずれも、Parallels公式ページです。

仮想マシンの作成

 スクリーンショット 2014-10-04 21.06.51

 

Windowsのインストール法を、【DVDまたはイメージからOSをインストール】又は【PCからWindowsを移行】から選択。

僕は、昨年時、【PCからWindowsを移行】を選択し、インストールしてみたのですが、この場合だと、現在、利用しているWindowsマシンの環境そのまま、つまり、Windows PCで利用しているソフトとかもインストールされるのですが、正規のWindows OSとは認識されないようです。

つまり、Windowsアップデートが行われない。度々、正規版でないことを警告してきて、プロダクトキーの入力を要求してきます。

購入したWindows マシンのサポートに問い合わせたところ、このWindows PCにインストールされているWindows7は、この1台のみにしか利用が許可されていないそうです。

正規版でないことを知らせるメッセージさえ無視すれば、むしろ、【PCからWindowsを移行】を選択した方がお得じゃないかと思う方もいるかも知れませんが、常に脆弱性を突かれ、攻撃を仕掛けてくる時代です。
Windowsの更新ができない状態というのは、大変、危険かと思われます。

マックとウィンドウズ 2014[共存・共有] (マイナビムック) (Mac Fan Special)でもParallels公式ページでも、【DVDまたはイメージからOSをインストール】を薦めているように、ここは素直に【DVDまたはイメージからOSをインストール】を選択しましょう。




 インストール先の選択

Parallels Desktop Windowsのインストール:インストール先の選択

インストールするオペ-レーション・システム(OS)を尋ねてくるので、インストールするOSを選択。

Windows プロダクト キーを入力

Parallels Desktop Windowsのインストール:Windowsプロダクトキーの入力

[Windows プロダクトキー]ウィンドウで、[高速インストール]が選択されていることを確認します。

Macとの融合レベルを選択

Parallels Desktop Windowsのインストール:統合レベルの選択

  1. Macライク
  2. PCライク

インストール後に変更することも可。 

Macライク

Mac OS X での操作に慣れている場合、Mac ライクの選択をお勧めします。

Windows プログラムは、Mac アプリケーションのように Mac デスクトップに表示されます。

一旦、Windowsのスタート画面が表示されるが、その後、すぐに消える。

この場合、Coherence ビューモードがデフォルトになります。

Coherence view mode

このビューモードでは、Windows デスクトップは表示されず、Windows プログラムは Mac OS X アプリケーションとまったく同じように画面に表示されます。

Mac OS X と Windows の書類とメディアは、いずれも Mac に保存されます。

さらに、Mac ライクを選択すると、Mac のデスクトップ、書類、ピクチャ、ミュージック、ムービー、ダウンロードフォルダが Windows のものと共有されます。

あるファイルを Windows のドキュメントフォルダに保存したとすると。

このファイルは、Mac OS X の書類フォルダに保存されます。

Windows と Mac OS X のゴミ箱を両方管理する必要がなく、Mac OS X のゴミ箱を空にするだけでよくなります。

PCライク

Windows と Mac の統合レベルを下げたい場合、PC ライクの選択をお勧めします。

Windows デスクトップとすべての Windows プログラムは、Mac アプリケーションから独立した 1 つのウィンドウに表示されます。

この場合、Mac OS X フォルダは Windows と共有されず、Window ビューモードがデフォルトになります。

Window view mode

このデフォルトのビューモードでは、Windows デスクトップと Windows プログラムが独立したウィンドウに表示されます。

Windows と Mac の間でオブジェクトをドラッグ&ドロップすることはできます。

引用元: KB Parallels: 統合レベル – 「Mac ライク」または「PC ライク」.

仮想マシンでのファイルの保存先の選択

Parallels Desktop Windowsのインストール:ファイルの保存先の選択

初期設定では、書類フォルダとなっている。

Mac のすべてのユーザ アカウントに対し、インストールされた Windows へのアクセスを許可するには、[この Mac の他のユーザと共有する]を選択してください。

仮想マシンのデフォルト設定を変更したい場合は、[インストール前に構成をカスタマイズする]を選択します。これらの設定は、インストール後にいつでも簡単に変更することができます。

Parallels Desktopのファイルの保存先
デフォルトの保存先

外付けハードディスクなどを、保存先として選択することもできる。

インストールの開始

続行]をクリックします。Windows のインストールが始まります。

MacでWindowsを操作している様子


最近、IT情報に関して積極的つぶやき出しました。
よけしれば、フォローよろしくお願いします。

RSS登録頂ければ嬉しいです!
RSSリーダーで購読する follow us in feedly





カスタム検索
Pocket
LINEで送る

コメントを残す