Synology DiskStation DS418j 4ベイ NAS キットに、2台目のHDDを追加する方法

Synology DiskStation DS418j 4ベイ NAS キットに、2台目のHDDを追加する方法

Pocket
LINEで送る

1台目をインストールする方法は、こちらをご覧下さい。

初期設定 DSMのインストール

2台目のHDDをインストールするのに、検索しても出て来ず、Synology のサポートに問い合わせた結果を記事に致します。

DiskStation DS418j 4ベイ NAS キットは、非常に多機能でNASも、ここまで来たかと思わせるような未来的な製品です。

DiskStation DS418j | Synology Inc.


NASの導入から設定まで–初心者のための「Synology DiskStation DS216j」レビュー – CNET Japan

SynologyのDSMでNAS2台をLAN経由&インターネット経由で同期させてバックアップ&フェイルオーバー&リカバリしてみた – GIGAZINE


SynologyのNAS「DS215j」を2年半使ったので、NASをおすすめするポイントや私の使い方をまとめてみました。 | かめらとブログ。

セットするHDDは、こちらをオススメします。

尚、メーカーの動作確認済みには掲載されていませんので、自己責任でお願い致します。


前提として、2台目のHDDは、1台目のHDDのRAID構成をせず、2台目のHDDを別のボリュームとして作成することを前提としています。

別ボリュームとするため、HDD-1が壊れれば「ボリューム1」のデータの消失、HDD-2が壊れれば「ボリューム2」のデータ消失の可能性があります。

僕は、Amazon Cloud なりのクラウドのストレージと同期する予定であるため、こういう形式をとります。

 




Synology DiskStation DS418j 4ベイ NAS キットに、2台目のHDDを追加する方法

1.管理者権限IDにてDSMにログインします。

3.メインメニューから「ストレージマネージャ」を起動させる。

3.ストレージマネージャの「ボリューム」を表示

4.上の「作成」をクリック。

5.「カスタマイズ」をクリック、「次へ」をクリックします。

以下、一度、作成し、一旦、削除してから、再度、インストールしながら、図をキャプチャしている僕とは、手順が異なるので、図を省きます。

6.「新しいストレージプールを作成」を選択し、「次へ」をクリック。

7.「より良いパフォーマンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

8.「RAIDタイプ」を「Basic」を選択し、「次へ」をクリックします。

9.「ディスクの選択」にて「ディスク2」を選択し、「次へ」をクリックします。

10.「新しく追加した・・・・」の警告を読んでから、「OK」をクリック。

11.「ディスクチェックを実行」にて「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。

12.「ボリューム容量の割り当て」にて確認後に「次へ」をクリック

13.「ファイルシステムを選択」にて「EXT4」が選択されているのを確認し、「次へ」をクリックします。

14.「設定の確認」の内容を確認し、「適用」をクリック

図のように、ボリューム2が作成されていれば、作業は、終了です。

お疲れ様でした。


RSS登録頂ければ嬉しいです!
RSSリーダーで購読する follow us in feedly





カスタム検索
(Visited 36 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

Kazu

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。