WordPress

HTMLファイルの基本構造

Pocket
LINEで送る

<html><head>

</head><body>

</body></html>
*実際にタグ打ちする場合は、全て半角英数字で行ってください。






1.<html>~</html>
HTMLで記述されたドキュメントであることを宣言します。
HTMLファイルの内容は、この中に記述します。
<html>タグは、どのタグよりも最初に書き、HTMLファイルであることを宣言し、一番最後に</html>を書いてソースを間に挟む形にします。

2.<head>~</head>
HTMLファイルの情報を記述します。
情報
文書の情報、タイトル、スタイルシート(CSS)、JavaScript、ホームページの制作者、検索のためのキーワード等々。
<head>~</head>内に記述された内容はブラウザに表示されませんが、タイトルだけは表示されます。
ホームページのタイトルを記述する<title>タグは、<head>~</head>内に指定します。

3.<body>~</body>
ブラウザに表示する内容は、全てこの中に記述します。
<body>~</body>内に記述された内容は、コメント以外はブラウザに表示されます。




人気ブログに参加しております。ご賛同いただければ、バーナーをクリックしてください!
にほんブログ村 IT技術ブログへ




TOPに戻る

(Visited 6 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。