Windows 10起動と同時にアプリケーションを起動させる方法

Windows-10起動と同時にアプリケーションを起動させる方法
Pocket
LINEで送る




 

仕事や帰宅後、いつも使っているアプリケーションが、Windows の立ち上がりと共に、起動すると、何かと便利です。

この記事では、Windows 7から、そういう方法を利用していたのですが、バージョンアップや初期化とかした後、設定するのに、すぐ自分でもできるよう、カルマさんの参考記事を参考しながら、まとめました。

尚、例として、Google Chrome をスタートアップウィンドウに放り込みましたが、ほかのアプリケーションでも、同様に行えるはずです。

[ファイル名を指定して実行] に[shell:startup] と入力

Windows スタートのアイコンを右クリック。

Windows 10起動と同時にブラウザを起動させる方法:Windows スタートのアイコンを右クリック。

[ファイル名を指定して実行] をクリック。

Windows 10起動と同時にブラウザを起動させる方法:[ファイル名を指定して実行]ウインドウに[shell:startup] と入力

[ファイル名を指定して実行] に[shell:startup] と入力




スタートアップウィンドウ

すると、スタートアップウィンドウが、開く。

上記方法で無く、

Cドライブ→ ユーザー→ ユーザー名→ AppData→ Roaming→ Microsoft→Windows→ スタートメニュー→ プログラム→ スタートアップ

でも、スタートアップウィンドウに辿り着く。

スタートアップウィンドウに、アプリケーションをドラッグ・アンド・ドロップする。

Windows 10起動と同時にブラウザを起動させる方法

Windows 10起動と同時にブラウザを起動させる方法

これで、Windows10の起動と同時に、Google Chrome が立ち上がる。

 

【参考記事】

Windows10 起動時にアプリを自動起動 – スタートアップに登録 – PC設定のカルマ

 

 

 


最近、IT情報に関して積極的つぶやき出しました。
よけしれば、フォローよろしくお願いします。

RSS登録頂ければ嬉しいです!
RSSリーダーで購読する follow us in feedly





カスタム検索
Pocket
LINEで送る

コメントを残す