Welcome to SpiceShop Theme

Sea summo mazim ex, ea errem eleifend definitionem vim. Ut nec hinc dolor possim mei ludus efficiendi ei sea summo mazim ex.

サイト構築の上でのターゲットの重要性

サイト構築の上でのターゲットの重要性

Pocket
LINEで送る




クライアントからサイト構築の依頼が来ると、まず最初にWeb制作者は、クライアントにヒアリングを行います。

注)この場合、Web制作者とは制作会社ですとWebディレクターを指します。勿論、Webデザイナーが同席する場合もあるでしょうが。
SOHOの場合、その形態は様々です。SOHO集団みたいに役割が細分化されている場合もあるでしょうし、1人で全部、行っている人もいるでしょう。



このヒアリングによってクライアントが期待する効果、ターゲットの選定を行い、サイトのイメージ、テーマカラー等を決定します。

クライアントが期待するターゲットにサイトを見てもらう必要があるのです。
よく懸賞つきとかうたって、アンケートを要求サイトがありますね。
あれは、勿論、メールアドレス等の個人情報が欲しいという面もあるでしょうが、おそらく企業は、自分の商品がどんな人達によって購入されているのかを知りたいのだと思います。
それによって、次期商品開発にもかかわりますし、大きく企業戦略にかかわってくるのではないでしょうか。
そういう事をリサーチしてくれる会社もあるでしょうが、おそらくばか高い報酬を要求されるのではないでしょうか。

例えば、携帯会社を例にとりましょう。
携帯を一番、使っているのは10代か20代ですよね。
そのため、彼らに見てもらって好印象を与えるサイトでなければならないのです。
Flashを使ったカッコいいサイトがいいかもしれませんし、ターゲットを女性に絞ってカワイイとか思われるサイトがいいかもしれません。

Webデザイナーによって、ある程度、共通の理解があるかもしれませんが、出来上がったサイトは様々でしょう。
また、競合サイトも研究しなければなりません。

今度は、高級車のサイトを例にとりましょう。
さて、ターゲット層は、どうなるでしょう。

おそらく、40代か50代くらいの経済的にゆとりのある層になるでしょう。
そうなると、はたしてどんなサイトが、いいのでしょうか?

僕は、1点だけ気付きました。
それは、この層は、おそらくネットなど、あまり利用してないのではないだろうかという点です。
もしかして、株のためにネットをよく利用しているかもしれません。その場合でも、株以外のサイトはあまり見ていないのではないかと僕は考えます。

そういう人達には、どういうサイトを構築すればよいのでしょう?

僕が考えるに、利用者にとって、非常に使いやすくて分かりやすいサイトを構築せねばならないと考えます。

皆さんは、どう思います?
自分なら、こうするとか色々考えるのは面白いでしょう。
是非、幾つか例にとって自分なりのサイトをイメージしてください!


RSS登録頂ければ嬉しいです!
RSSリーダーで購読する follow us in feedly





カスタム検索
(Visited 1 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。