格安SIM 乗り換えのための手順

Pocket
LINEで送る




 

【要約】
現在、docomoなどの携帯キャリアと契約している人が、月々の携帯料金が格安の格安SIM に乗り換えるまでの手順を記載しています。
携帯キャリアから格安SIMサービスへの乗り換えの手順
1.どの格安SIMサービスを利用するかを決める。

格安SIMサービスを選ぶ際のチェックポイント、各格安SIMサービスの紹介の記事は、現在、執筆中です。

2.必要に応じて、対応のスマホを購入する。

この記事に、docomo au など、各携帯キャリアの場合、それぞれどうすればいいか、書いています。

3.携帯キャリアに、「転出手続き」を行い、「MNP予約番号」を発行して貰う。

「MNP予約番号」を発行して貰うために、お使いの携帯キャリアに、「転出手続き」を行う。

4.格安SIMサービスを申し込む。 正式に、格安SIMサービスに申し込む。

5.スマートフォンに、格安SIMを差し込み、設定を行う。

1.どの格安SIMサービスを利用するかを決める

格安SIMサービスを選ぶ際のチェックポイント、各格安SIMサービスの紹介の記事は、現在、執筆中です。

2.必要に応じて、対応のスマホを購入する。

格安SIM-スマホ購入手順

スマートフォンを利用する方法として

  • 今使っているスマートフォンを、そのまま利用
  • 新たに、スマートフォンを購入

という2つの方法があります。

また、「新たに、格安SIMのために、スマートフォンを購入」という方法も

  • 格安SIMを提供する会社のサービスで、スマートフォンを購入
  • 自分で探して、サイトなどを通して、スマートフォンを購入

という2つの方法があります。

1.今使っているスマートフォンを、そのまま利用する方法(格安SIMのみを購入)

ほとんどの格安SIMを提供する会社は、その通信網をNTTドコモの通信網を使っています。

1.1 現在お使いの携帯キャリアが、docomoもしくはauである。

docomoの場合

現在お使いのスマートフォンを、そのまま利用できます。

auの場合

LTE対応モデルであればケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」「UQ mobile」を利用できます。

1.2 現在お使いの携帯キャリアが、SoftBankの場合

SoftBankの場合、今のところ、SoftBankの通信網を利用した格安SIM提供をする会社がないため、SoftBankの携帯キャリアのスマホは、利用することが出来ない。

従って、次に紹介する「格安SIM提供する会社からスマートフォンを購入する。」か、「自前で、SIMフリー、もしくは、docomo、au対応の白ロムのスマホを購入する。」「SIMロック解除してもらう。」しか、方法はない。

SoftBankの携帯でSIMロック解除できるスマートフォンは限られている。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

 

音声SIMを利用する場合

格安SIMで、インターネットなどのデータSIMだけでなく、電話などの音声SIMも利用する場合で、現在お使いの携帯番号を、そのまま利用したい場合、携帯電話会社でMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の手続きをする必要がある。

※ ちなみに、僕は、今回、音声SIMも利用する予定だが、以前は、最も安いプランを携帯会社で選び、データSIMをポケットWiFiで経由し、外でスマートフォンでインターネットを使う際、利用していた。

解約

解約のタイミング

携帯各社は、契約時に割引サービスなどをする代わりに、2年縛りなど制約を設けています。

つまり、少なくとも2年は、利用して貰う条件としてプランを立てています。

従って、2年以内に契約を解除する場合は、解約料が発生します。
そして、この解約料は、契約期間が短くなるほど、高くなるのが通例です。

普通に考えると、2年以内だと、解約料が発生するので、格安SIMサービスに乗り換えると損をすると考えがちですが、シミュレーションしてみると、2年以内でも格安SIMサービスに乗り換えた方が安くなる場合もあります。

が、このシミュレーションも、今現在、どういうプランに加入していて、格安SIMサービスをどういう利用するかによって変わってくるので、一度、自身でシミュレーションされることをオススメします。




2.新たに、スマートフォンを購入

2.1 格安SIMを提供する会社のサービスで、スマートフォンを購入

格安SIM契約時に、同時に、そのSIM提供する会社で、スマートフォンを購入。

サイトで購入するほか、格安SIMサービスの実店舗で購入する方法があります。
その場合、恐らく頼めば、SIM挿入などをやってくれるだろうし、即、格安SIMを利用できる。

一括払いのほか、分割払いなどの支払い方法があるサービスもある。

動作確認が取れているというメリットがあります。

電話通話も利用するのであれば、音声SIMを選ぶ必要があります。

2.2 自分で探して、サイトなどを通して、スマートフォンを購入

A 店頭で購入

ヤマダ電機などの量販店などで購入。

B サイトで購入

サイトで購入する際の注意点として、一番安値は、ヤフオクなどのオークションかも知れませんが、なるたけ、個人が出品しているオークションは避け、名の通った楽天などの大手で買うようにすること。

安全性や、実際、使えないなどのトラブルに、キチンと対応して貰うためです。

どういうスマホを購入するか?

  • SIMフリーのスマホを購入する。
  • docomoもしくはauの白ロムのスマホを購入する。
② docomoもしくはauの白ロムのスマホを購入する。

メリット

SIMフリーのスマートフォンを購入するよりも、安く手に入る。

au系

mineo mineo

au系は、通信方式が4G LTE のみ。

4G LTE に対応していないiPhone 4以前の機種には対応していない。

SIMフリーとは?

ごく簡単に説明しておくと、SIMフリーでない通常のスマートフォンは、例えば、docomoで購入したスマホは、docomoの携帯網でしか使えない。

同じように、auで購入したスマホは、auの携帯網でしか。

一方、SIMフリーのスマホは、携帯キャリアを問わず、docomo、au、SoftBank、どの携帯網でも使うことが出来る。

これに、白ロムというのがある。

白ロムとは?

SIMカードを抜いた状態の携帯電話端末を指す。

SIMカードを、新たに差し込むだけで、利用できる。

ただ、SIMフリーと違うのは、白ロムの場合、その携帯端末が契約していたdocomoなら、docomoしか使えない。

そもそも白ロムって? | 白ロム・中古パソコンの通販ならイオシス 白ロムって何? 中古ケータイ・スマホ売るなら!買うなら!国内No.1の白ロム専門フリマ ムスビー!

3.MNP (モバイル・ナンバー・ポータビリティ)を使い、電話番号を移行する。

1.転出手続き

1.携帯会社に申し出て他社に電話番号を引き継げるように準備する。

電話番号を移行するには、「MNP予約番号」が必要です。

MNP予約番号は、今利用している携帯電話会社のショップ窓口・電話・WEBのいずれかで申し込み、MNP予約番号を発行してもらいます。

※ MNP転出には、手数料がかかります。

2.MNP予約番号が発行されたら、格安SIMサービスに、転入手続きをする。

2.転入手続き

1.格安SIMサービスに申し出て、電話番号を引き継ぎを申し込むこと。

MNP予約番号には有効期限があります。

その間に、移転先の格安SIMサービスで転入手続きを完了させる必要があります。

申し込みに必要なもの
  1. 本人名義のクレジットカード
  2. 運転免許証や日本国パスポートなどの本人確認書類のデータ
  3. 発行してもらったMNP予約番号

転入の申し込みをすると、MNPの手続き完了からSIMカードが到着するまでの数日間、お手元の携帯電話(電話/データ通信)は利用できなくなります。

最近では、即日利用を謳っている格安SIMサービスがあります。
サイトでご確認ください。

3.SIMカードを対応端末に挿して設定を行う。

SIMカードが届いたら、SIMカードをスマホに挿して、アクセスポイント(APN)の設定をすると使用できるようになります。

アクセスポイント名設定|格安スマホ・SIMカードのU-mobile(ユーモバイル)

【参考記事】

【保存版】格安SIMへの乗り換え方法をシミュレーション!変更が不安な人もこれで安心 | andronavi(アンドロナビ) – スマホの”分からない”を解決するウェブマガジン はじめてのMNP。格安SIMに乗り換えるときの手順やポイントとは?|エンジョイ!マガジン

 


最近、IT情報に関して積極的つぶやき出しました。
よけしれば、フォローよろしくお願いします。

RSS登録頂ければ嬉しいです!
RSSリーダーで購読する follow us in feedly





カスタム検索
Pocket
LINEで送る

コメントを残す